歯を白くする歯磨き粉で自宅ホワイトニング

歯に関する悩みは、歯並びやむし歯の次に歯の黄ばみです。

 

私自身も多少なりとも歯の黄ばみは気にしているので、笑って見える歯が白い人は、爽やかだし、清潔感があるし、何を言ってもキレイに輝いてるな〜って思います。

 

歯の黄ばみの原因は、食べ物や飲み物、タバコのヤニによるステイン(着色汚れ)と言われています。

 

そのステインを落として白い歯にするには、歯科でのホワイトニングでないと出来ないと思っている方もいらっしゃるかもしれません。

 

今まで食事で蓄積されてしまったステインがどの程度今の自分の歯についているのかはわかりませんが、本来の自分の元の歯の白さに戻す程度に歯を白くするなら、「歯を白くするホワイトニング専用の歯磨き粉」を使って毎日の歯磨きやブラッシングすれば、歯を白くすることができます。

 

歯科のホワイトニングは歯を漂白することで白い歯にしていきますので、少し「白さ」が強調されてしまう場合もあります。それに自由診療のため治療費も高いですし、そのあと続けて白さをキープするためのメンテナンスにも通わないといけないので結構大変なんですが、歯を白くする歯磨き粉は自宅で出来るホワイトニング方法の一つです。

 

歯を白くする歯磨き粉とは?

 

歯周病予防や知覚過敏、また虫歯予防のための歯磨き粉は、それぞれ歯茎と歯の間にある歯周ポケットに潜む歯周病菌に効果がある成分が入っていたり、むし歯になりにくいようにフッ素配合だったりと悩みにそった専用歯磨き粉があります。

 

それと同じように歯を白くするための歯磨き粉もあって、食べ物などで付着するステイン(着色汚れ)を落とす成分がはいっています。

 

削って黄ばみをとるのでなく浮かせて落とす

普通の歯磨き粉には、研磨剤(清掃剤)が入っています。歯の汚れを磨いて落とすことなのですが、強くこすりすぎたりすると小さな傷が歯についてしまって、そこにまたステイン(着色汚れ)が入り込んでしまってることが多いそうです。

 

歯を白くする歯磨き粉には、研磨剤ではなく汚れを浮かして剥がして取る成分、ポリリン酸ナトリウムやリン酸ナトリウム、メタリン酸ナトリウム、アミノ酸のポリアスバラキン酸、酵素成分などが配合されています。

 

発泡剤が入っていない

歯磨き粉を付けて歯を磨くと泡が立ってきますよね。これは発泡剤がはいっているため。泡で汚れが包まれて落ちていってる気がしますが、実はこの泡のせいで歯についた汚れがちゃんと見えずにキレイに磨けてない可能性があるんです。

 

発泡剤が入っていないと泡だたないので、汚れがどこについてるか、ちゃんと磨けてるか、落ちているかがわかりやすく、歯の隙間にまで付いたステイン(着色汚れ)までキレイに磨けるのが歯を白くする歯磨き粉なのです。

 

ステイン(着色汚れ)の再付着を防ぐための表面コーティング成分

白い歯になるためにちゃんと汚れを落としていっても、毎日の食事でまた付着してしまっては白い歯を保てません。そこで再付着しにくい歯、つまり汚れに強い歯にしていく必要があります。歯の表面をコーティングする成分だったり、むしば菌を寄せ付けないフッ素もその役割をしてくれます。

 

歯磨き粉の種類

 

「歯の黄ばみをとる」「歯を白くする」「ホワイトニング」歯磨き粉として、練りクリームタイプ、ジェルタイプ、マウスウォッシュなどの種類があります。

 

クリープタイプとジェルタイプはブラッシングすることで歯の汚れを浮かす効果も期待できます。

 

マウスウォッシュはただクチュクシュするだけなので歯を白くする効果はあまりないかもしれませんが、表面をコーティングするという点では汚れ付着を防いでくれる場合もあります。

 

また大まかには、通常普通の歯磨き粉として使っていくタイプやハミガキ後のブラッシングタイプの2つに分かれます。

 

何度もハミガキやブラッシングするのがめんどいという人は、歯磨き粉として使うクリームタイプやジェルタイプがおすすめですし、より歯を白くしたい、効果を早く実感したいという人はクリームタイプの歯を白くする歯磨き粉を使った後、ジェルタイプでダブルブラッシングするのがおすすめがです。

 

歯を白くすることに専念するなら、普通の歯磨き粉には研磨剤や発泡剤が入っているものが多い為、できれば毎日の歯磨き粉もホワイトニング専用歯磨き粉を使うのがベストです。

 

市販の歯を白くする歯磨き粉

 

以前は海外製品のホワイトニング歯磨き粉が多かったのですが、今は沢山の種類がドラックストアでも販売されています。

 

ただちょっと気になる点は、研磨剤と発泡剤。

 

今まで気にしてみたことはなかったのですが、歯を白くするホワイトニング歯磨き粉の中には、清掃剤という形で研磨剤が多少配合されてる歯磨き粉もありました。

 

歯の黄ばみ、着色汚れの原因の一つは研磨剤による歯の傷に入り込んでしまった汚れ。
あと発泡剤が入っていると十分に歯の汚れが確認できず、磨き残しを見逃してしまうことも。

 

比較的粒子が細かく歯を傷つけにくい成分かもしれませんが、基剤、清掃剤として表記は、歯を白くするために使う歯磨き粉だけにチェックしておきたいところでもあります。

歯を白くする歯磨き粉を選ぶポイント

歯を白くする歯磨き粉を選ぶポイントとしては、

 

チェック研磨剤、発泡剤不使用

 

上記でも書きましたが、研磨剤が入っていると小さな傷がつき、そこにステイン(着色汚れ)が入り込んでしまって歯の黄ばみや汚れが落ちにくくなりますし、泡立ってしまうと汚れがちゃんと落ちてるかチェックできないので、ホワイトニング歯磨き粉を選ぶ時は両方の成分が入っていないのがおすすめ。(研磨剤は清掃剤と表示されてる場合もあり)

 

チェック使いやすさや続けていきやすい値段

 

自宅で出来るホワイトニングとして歯磨き粉で白い歯にするには、続けて使っていくことが大事です。使わなくなるとやっぱり食べ物などの着色汚れは蓄積されていきますからね。

 

普通の歯磨き粉よりも少し値段が高いホワイトニング歯磨き粉だから、あまりにも高額だと続かないです。

 

やはりそこの値段は、歯を白くすることにどれだけお金をかけられるかによりますが、重要なポイント。

 

チェック歯を白くする実感が見た目すぐ欲しい

 

市販の歯を白くする歯磨き粉には漂白剤は含まれていません。歯科でのホワイトニングでしか使用できないためですが即効性は期待できません。

 

ですが少しずつ汚れを浮かせて落としていきますし、、商品によっては汚れを落とすパワーに優れているものもあるので白い歯になっていってる実感が早く出るものもあります。
(本来の持つ歯の白さにもよります)

 

それらをまとめて歯を白くする歯磨き粉をランキング形式で紹介してみますね。

歯を白くする歯磨き粉おすすめランキング

歯を白くする歯磨き粉、市販で売られている「ホワイトニング歯磨き粉」のたくさん種類がある中で、ホワイトニング成分や実際歯磨き粉を使ってみて効果があったものや、口コミ評判がいいもの、ネットで話題になってるものなどを独自でまとめてみました。よかったら参考にしてみて下さい。

「はははのは」

歯を白くする歯磨き粉はははのは

 

チェック

・研磨剤、発泡剤、着色料不使用。
・パパイアから抽出されたパパインの植物酵素の力で汚れにアプローチ。
・無添加の歯を白くする歯磨き粉。
・メタリン酸ナトリウムとポリリン酸ナトリウムのwホワイト成分配合。着色汚れを浮き上がらせます。
・10種類のオーガニック成分で、黄ばみから歯をガード。

 

チェック「はははのは」の特徴

 

ジェル状タイプで、通常の歯磨き粉として使っていけます。
毎日口の中に入れるもの、無添加で安心。
ハッカ油成分で爽快感があって、口臭予防にも効果的。
歯の白さを実感するホワイトニング成分にこだわった歯磨き粉。

 

1本1980円の初回限定価格。
基本定期購入ですが、2回目以降キャンセル可能。
商品届いてから10日間の返金保証付き。
2回目からは2980円と続けやすい値段。

 

最初の1か月、朝晩続けて磨くと歯の白さを実感しやすくなります。

 

はははのは公式ページ

プレミアムブラントゥース

プレミアムブラントゥース

 

チェック

・世界5か国で売り上げ1位
・研磨剤、発泡剤不使用
・植物の力で歯を白く
・ココナッツオイルで抗菌、パパインの酵素で汚れにアプローチ。
・ウーロン茶エキスで歯垢付着を防ぐ。

 

チェックプレミアムブラントゥース

 

歯磨き粉として使用も可能ですが、
ハミガキ後にブラッシングするのがおすすめ。

 

歯を白くすることに意識が高い、
世界のセレブも愛用中のホワイトニング歯磨き粉。

 

メントール、キシリトール配合のため、スッキリ爽やかな使い心地。
1日2回優しくブラッシングすることで、比較的早く白い歯を実感しやすいです。

 

1本定価9980(税別)円と少し高いですが、
定期購入は初回割引で1回目3980円(税別)でお得です。
(2回目以降4980円税別)
最低3回購入の縛りあり。

 

ただし90日間の返金保証があるので、お試し安心です。

 

単品での購入も可能。

 

プレミアムブラントゥース公式ページ

薬用パールホワイトプロEX&プロシャイン

 

パールホワイトEXプラスパールホワイトプロシャイン

チェック
薬用パールホワイトプロEX
・研磨剤、発泡剤不使用。
・@コスメ口コミラインキング1位。
・メタリン酸ナトリウム、ポリリン酸ナトリウム、リンゴ酸が汚れを包み込みはがしてくれる。
・薬用成分イソプロピリメチルフェノールが歯周病の巣に届き、白い歯のための健康な歯茎に。

 

パールホワイトプロシャイン
・薬用パールホワイトプロEXと一緒に使うことで、より白い歯へ。
・ポリリン酸ナトリウムで汚れを浮かし落とす。
・ハイドロキシアパタイトで歯の傷を補強、歯を強くしてくれ、ステイン(着色汚れ)の再付着を予防。

 

薬用パールホワイトプロEXは、通常のハミガキの後にブラッシングする少し固めの液体タイプ。
同じシリーズのパールホワイトプロシャイン(歯を白くする歯磨き粉)を使えばより白い歯へ近づけます。
有名人の方も多く愛用されていて、口コミ評判、歯が白くなった実感度が高い商品です。
比較的短期間で歯が白くなり、1か月くらいは白い歯をキープできるようなので1か月おきのケアでもOK。

 

商品価格は8600円(税込)とちょっと高めではありますが、短期間での効果も期待できることから人気はあります。
また単品購入の場合は45日間の返金保証もあるので安心。(1470円の手数料必要)

 

お得な定期コースは初回限定3240円で毎回歯ブラシ1本とホワイトプロシャインの歯磨き粉プレゼント付き。
かなり歯を白くする効果を実感されてる人も多いので、3か月使えばかなり白い歯になってくると思います。
(最低3回の購入約束があります。)

 

薬用パールホワイトプロEX公式ページ

 

歯を白くする歯磨き粉は今まで蓄積された着色汚れを落としていって、自然は歯の白さに戻してくれるものです。

 

チェックまずはホワイトニング歯磨き粉ってどうなの?試しに使ってみたいなら

 

チェック「はははのは」
通常定期コーズではありますが、10日間の返金保証が付いていますし、初回限定1980円と値段もリーズナブル。回数の縛りもなく1回目購入後、2回目解約も出来ます。(次回発送予定の10日前の連絡必要)約1か月使うことで歯の白さも実感できるはず。

 

チェック「白くなった!」という実感が早くほしい。
チェックプレミアムブラントゥース
最低3回の定期便の約束になりますが、植物の力で歯を白くする歯磨き粉。世界でも人気の商品です。酵素の力で黄ばみ汚れの原因タンパク質にアプローチしてくれます。

 

チェック歯の白さをキープし続けたいなら。
チェック薬用パールホワイトプロEX
@コスメ口コミランキングでも1位、雑誌でも多く取り上げられ芸能人の愛用者も多いホワイトニング歯磨き粉。
1本使い切る頃には歯の白さが実感でき、1か月くらいは白さをキープできるみたいなので1か月おきのケアでも大丈夫。
単価は高いですが、定期縛りがなく1本から購入可能ですし、返金保証制度もありますのでお試し感覚で1か月試してみる価値ありです。

歯を白くするホワイトニング方法

歯を白くする歯磨き粉を使う方法のほかにも、歯科で行うホワイトニングやホームホワイトニングがあります。

 

歯科ホワイトニング

歯科で行うホワイトニングは過酸化水素を使い歯を漂白し、光を当てて歯を白くしていく方法が多いです。自由診療のため料金は歯科により金額が違うので事前問いあわせをしておいた方がいいでしょう。
また過酸化水素という薬剤は、刺激を感じる人も多く、場合によっては歯茎や歯にシミが付くこともあり得るので注意が必要です。

 

自宅でホームホワイトニング

歯科のホワイトニングを簡単にして自宅で行うというもの。歯科でマウスピースを作ってもらい、薬剤は濃度の薄い薬剤で、マウスピースに薬剤を入れ何時間か装着します。薬剤が浸透するまで時間がかかるので歯科で行うホワイトニングほどすぐには歯は白くなりません。

 

歯科に通わなくても自宅で出来るホワイトニングなので楽なようですが、寝る前に何時間も装着しなくてはいけないことや、そのあと食事をとれないといったデメリットもあります。

 

歯のクリーニング

基本的に歯周病などの治療目的となっていますが、歯科器具を使って歯石を取ったり、研磨剤を使って磨き、汚れを落としてくれるもの。治療ではなく単に歯のクリーニングとなれば自己負担になってしまいますが、歯の状態に合わせて歯ブラシで届かないところの汚れも取り除いてくれます。軽い着色汚れであれば落ちる場合もあります。
ホワイトニングと違って歯が白くなるというよりも、本来歯が持つ白さまで戻してくれます。

 

まとめ

 

歯科でのホワイトニングは比較的すぐに歯を白くすることができますが、やはり普段の食事などでついてしまう着色汚れにより歯は黄ばんできます。一度ホワイトニングをやったからずっと歯の白さが保てるというわけではないから、ホワイトニング後も歯科に通ってアフターケアを続ける必要もあります。

 

その点、歯を白くする歯磨き粉を使ったり、自宅ホワイトニング方法では着色汚れで黄ばんだ歯の汚れを少しずつ落としてくれて、本来が持つ自然な歯の白さにしてくれるはずです。

 

チェック歯を白くする歯磨き粉おすすめランキングはこちら。

 

 

更新履歴